公立保育園には特徴があります

保育園には私立と公立がありますが、公立は市区町村が設置しています。職員は公務員になりますので、保育士の資格を持っていても公務員試験を受けて合格しなければなりません。職員の一人として市区町村内の保育園に辞令が下されて働くことになります。自治体という組織の一員ですから人事異動で各保育園を異動することになります。一か所の保育園で落ち着いて働くといったことはありません。しかし、私立と違い園の方針で保育のやり方などは違いが少ないといえるでしょう。

個性いろいろの私立保育園

認可の私立保育園は、保育内容や雰囲気は園長や経営者のカラーが良く出ています。それぞれに個性があり、送り迎えのバスからして子どもに人気の動物が描かれていたりします。保育の仕方やあり方を前面に打ち出して、他の園との差別化を図っているところもあるため、応募にあたっては園の方針を良く調べたり、実際に園長とお会いして聞くことも大切になります。公立の保育園は自治体がバツクにあるため労働条件は手厚いものがありますが、私立となれば経営に差があるため条件も違います。

公立保育園の民営化で募集しているところ

公立保育園の民営化で、運営を民間の法人や会社に任せたり、完全に私立園に変わってしまうところもあります。運営は民間となっても、児童の保育料は同じです。ところが、運営者が民間となれば雇用条件は変わってきます。また、園長が変わることでそれまで長く勤めていた保育士が辞めることもあります。児童の中にはショックを受ける子どももおり、切り替え時期には混乱がつきものです。保育の方針もコストダウンの経営に合わせて変わると、保育士も合わせるのに大変です。

保育士の求人の仕事内容は、各事業所の取り組みによって、大きな違いがあるため、求人担当者に相談を持ち掛けることが有効です。